Book Review つぶやき集  画像は『Japanese Jingles by Mae Stjohn-Branhall』明治24年3月2日出版から。著者は米国人ブラムホール、発行者長谷川武次郎。

  つぶやき集

最終記述日2018/7/16
 画像は『骨董集』山東京伝(江戸期個人蔵)から
メール

画像「耳垢取古図」から元禄期

2017年3月12日〜2018年3月11日 つぶやき集 ココ

2016年3月12日〜2017年3月11日 つぶやき集 ココ

2015年3月12日〜2016年3月11日 つぶやき集 ココ

2014年3月12日〜2015年3月11日 つぶやき集 ココ

2013年3月12日〜2014年3月11日 つぶやき集 ココ

2012年3月12日〜2013年3月11日 つぶやき集 ココ

2011年3月12日〜2012年3月11日 つぶやき集 ココ

2018/7/16. Mon. 晴れ
 連日すごい炎天です。被災地の苦労、並ではないと思う・・。実家は相変わらず。母と迎え火。ご近所は盛大に、我が家はひっそり。手すりをつけて段差解消の砂利を足して、少し歩き良くなったと母が言っている。また転ばないでよねぇ。暑い中、コードレススティック型の掃除機が届いてなかなかの強力助っ人かな。東京の方、東側ベランダの今年の朝顔。少し頼りなくない・・。歯の手術の場合、女性はメイク落として、男性なら髭剃るんかな・・。どちらもバイキン具だよね・・。朝顔と関係ないけど・・。  

 

2018/7/12. Thu. 晴れ
 今朝は雨、しっとり。少し寝坊気味。なぜ・・昨夜は外苑前から永田町まで歩いて、遅めの帰り素敵なイタリアン。バラの花の入った美味しい紅茶を飲んだせい・・目が冴えて。画像は、ご近所の薔薇コレクション。夏の終わりまで、とりどりに咲くかな。それにしても、いろいろ粗忽なこの頃。まず、ぷらっとこだまのクーポン、飲み物はソフトドリンクあって、お酒ばかりじゃなかった。税金は、しっかり通知が来ている。来ていないのは、所得税の方。これは、去年は赤字で申告。なので、予定納税を見送っているからかと。来年4月にドーンと来たら、恐ろしい・・。明日と明後日はお盆行事で実家。石田の次の作業見積もりが来ている。大切に。  

 

2018/7/11. Wed. 晴れ
 おはよう! いい一日に! 画像は、フサフジウツギ。先だっての歯の守り神、紫陽花が終わった白山神社に咲いていました。房楊枝とも違って。  

 

2018/7/10. Tue. 晴れ
 蝉が鳴き始めている。いつもの季節だとまだ梅雨、数も少ないし遠慮気味かも。大雨や地震の騒ぎがあった7日間。6日7日とまた実家。今度は、室内の手すり工事の打ち合わせ。玄関の上がり框とお風呂場につけてもらうことに。なかなか落ち着かない。母がオウム事件の刑の執行の新聞記事を熱心に読んで「まだ若かったんだね」と言っている・・そうだね・・。墓参と掃除を済ませて、今週末は、また、お盆行事。ご近所、古くからのお宅が解体工事が終わってさら地に。泰ちゃんがクロアチア旅行のお土産(ラベンダーのポプリ)を宿に届けてくれてあった。ありがとう。睡蓮鉢を陶器にしたら、少し元気に。花、咲いてね。『乱菊物語』『吉野葛』(くらがり峠)のことで、お菊さん伝説の本を探す・・。三島由紀夫『奔馬』三輪伝説どう書いてあったかしらん・・。三大幽霊は、牡丹灯籠、四谷怪談、皿屋敷。三大怨霊は、菅原伝授手習鑑、忍夜恋曲者、椿説弓張月・・ああ、なんたる江戸歌舞伎・・。安全運転、よかった、よかった。  

 

2018/7/4. Wed. 曇り
 昨日実家。手すり取り付け工事、一日で終わり。暑い中たいへん。申し訳なくなってしまう。日差しがない今日ならよかった・・と、朝から空を眺めている。母に石田の写真を見せる。私のために、両親が紅白で植えてくれた山茶花の生け垣、枯れて、切りまとめたのも廃棄物で積まれている写真。ありがとう。もったいない、手を合わせる。今日は、午前中は都内。来年のことを考えると・・。代役がきく仕事でもない。昨日、歯車が見えて、また、偏頭痛・・どうしよか・・頭が痛い。そうそう・・あの、クワガタ、無事、仏の御手から野生に帰ったんでしょうか・・。朝顔は、昨日初咲き。写真撮り忘れて、今日は蕾が固い。明日を期そう。朝顔のために、ベランダに夜の闇を・・。そろそろ朝顔市。  

 区民都民税が7月2日付けで口座から落ちている。本人に通知なしで、金額を計算して口座から引き落とす。失礼じゃないかと思うんですけど・・。通知見落としたかしらん。ご近所の郵便局もあんなに担当者がいて、局内は空いていて、ATMは混んでいるかな。困るんです。できれば、インターネットで手続きしたい。ちぐはぐですねぃ。  

 

2018/7/3. Tue. 晴れ
 昨日、徳川将軍家に縁のある日。午後、妖怪学者井上円了博士博物館があるというので東洋大。キャンパス禁煙区域でタバコを吸っている学生たち、ダメじゃんよ。隣接する白山神社にお詣り。石川県にあったのを10世紀頃に勧請、江戸初期に巣鴨原小石川(現在の植物園)に移転、間もなくそこに館林藩主となった綱吉の屋敷を造るために再び現在の場所に。あまり大きくない神社・・また、どうして。将軍になった綱吉は、江戸城へ。御殿あらば、その日をやっとの民もあり。やがて赤ひげ先生の小石川療養所。近代になってからもニュートンの林檎、メンデルの葡萄など、貴重な植物があちこちに。作日は休園日で、外側を半周しておしまい。無事で。  

 

2018/7/2. Mon. 晴れ
 朝、鬼子母神堂まで散歩。法明寺は古くから武蔵を統治した豊島氏ゆかりの寺。南北朝時代の楠木正成の娘の塚(墓)もあるのん・・。塚の建立は夫君か。夫妻で仏像を奉納したらしい・・。千早姫、大森彦七と関係あるのん・・。福地桜痴の新歌舞伎舞踊「大森彦七」・・。楠木正成の姉妹は、能の家に嫁いでもいるとグーグル先生・・。しぇ、知らなかった・・。鬼子母神堂、開門は6時半、少し早すぎちゃって・・。でも、きっと伝わりました。めまい平癒の感謝。きっと無事。  

 

2018/7/1. Sun. 晴れ
 夏の一日。強いけど風があるので、エアコンをつけるのもどうかと。古絵葉書の整理。ああ、試験問題いやいや作って、うかうかと過ごしたよう。日曜日は働かずともよい曜日じゃなかったっけ・・。夕方は久しぶりに近くの寺を回って買い物。たしか、ここの観音さまに何度かご縁があったように・・。無事で。

 今の椅子は、5年くらい使ったかしら・・。腰に負担がないというので、アマゾン。最近、ギシギシ音がして困るし、床の消音はしているけれど、階下に響いていたら申し訳ないと思う。そういえば、エレベーターに「騒音へ配慮を!」の貼紙があったか・・・。背もたれのメッシュも擦れてきた。どうも、オフイスで使うシンプルなのが良いように思う。椅子が合わないとさらに腰痛。脚短いし太いん。不恰好だし不健康・・。体重も、もう少し減らすと身軽になるけれど、いろいろ変わり目か。

 実家に帰るので、たびたび使っている新幹線。「ぷらっとこだま」(約2割引)はジパングほどの割引(3割引)ではないけれど、回数券(約0.8割引)より安い。5日前申し込みが必要・・が面倒か。郵送される。7月はお盆や何かで、4回の予定がある。クーポン付・・・缶ビール、酎ハイ、発泡酒無料。ワインは+170円、ふ〜ん。お茶がないって、おかしくない・・?  

 

2018/6/29. Fri. 晴れ
 夏至を過ぎて、朝顔がいよいよ蔓を伸ばしている、夏の友だち。あーっ、あんなに花をつけたレモンの盆栽は、強風の影響なんか、最後の実が落ちてしまったじゃん。ごめんね、梶井基次郎・・。代りにぶどうの盆栽が慰めてくれて、うれしいかな。「普請中」に葡萄の盆栽が出てくるので、こちらは渡辺参事官(森林太郎)。いいの。実家のスミレの漱石先生もいいかな。  

 女性の厄年は、19歳、33歳、37歳、61歳。前厄と後厄があるよう。19の時は道を探していたかな。33歳の時は・・貧乏大学院生、何かを断ち切った。家族の理解?、なし、孤立無援。アタリマエ、一流国立大学出て学位持った男でも簡単じゃない。37の時は、遅めだったけれど就職が決まって何とか見通しがついて。それでも、研究に集中できたことんなんかなくって、改組に振り回された大学政治。なかなか。50代の時、父が亡くなっても一時反省したのに、また仕事ばかり。61歳の頃は、東北の震災が起こって・・仕事も相変わらず・・このままじゃと、茶の湯と歌舞伎の他に音楽を楽しみだしたか。的を絞るのは難しくなかったですよ・・なぜ、・・仕事についた頃からから、知っていたから。  

 お祓いやお参りは、欠かさなかったかな〜。雅楽の演奏と巫女さんの舞に魅せられて、つい何度もになりました。明治神宮オススメ。神田明神もよかった。芸道なら春日大社。祝詞も個性的で神社ごとにわくわく(お願いによって、宮司さんが作文してくれるんです)。ぜひ。誰かの代わりは務めたことがない。そうしたら、祝詞はどんな言葉になるのかしら。大きな目標を見つけているのだから、安心してどこまでも邁進努力。健康できっと大切に。私も英語の勉強、大嫌いだけど頑張っちゃおうかな。  

 

2018/6/27. Wed. 曇り
 バッハの朝。シュバイツアー博士の演奏「前奏曲とフーガハ長調BWV545』が聴こえている。神さま。・・魂・・休息、希望、平安、祈り、何を望んでいるかがわかる朝。  

 駿河台の空に月が出ている。ずいぶん明るい。水曜日、都内の大名仕事。終わってしまえばいい気持ち。めまいもよくなった。明日は、かたずけのあと、少し歩いてみよか。所得税、区民税の納付通知がこない。大丈夫かなぁ・・。素敵で。  

 

2018/6/26. Tue. 晴れ
 四天王はもともとは仏教発祥の土地、インドの神様なのだそう。東方守護「持国天」(緑・青)は「ケンダツバ」でお酒の守り神。ギリシア神話半人半獣のケンタウロスと同源・・ふみゅ。南方守護「増長天」(赤・紫)は「クバンダ」。西の守護「広目天」(白・銀・金)は「ヴィルパークシャ」(千里眼?)、北方守護「多聞天」(水色・黒)は「クーベラ」、財宝の神様らしい。大阪の四天王寺は聖徳太子が建立したのは戦勝祈願だったんでしょうか。画像は中国の四天王「魔礼海」=「広目天」です。関東廟博物館に納められていたもので、「北京西直門外勅賜聖化寺」から移したよう。持っているのは「碧土琵琶」・・碧土・・碧玉のことでしょうか・・「地水火風」の4弦を張った琵琶。弦それぞれに象徴を持つ、面白い、弦楽器のG線は、なに、なに・・。掻き鳴らすと一帯に風と炎が起こるそう。守護神といっても守護される者と敵によっては平穏を望まないか・・。  

 

2018/6/25. Mon. 晴れ
 「忖度」は日本だけかもしれない。SNSの脅威にも無頓着か。それとも・・その情報を「忖度」せよとも受け取れるが。強く感じる人もいれば、「ありゃ」で済む人もいる。手酷く傷つく人もいる。時間と情熱を絶やさず捧げた人がいるかもね。いろいろな考えがある・・めまいが治ったら、食欲出たか(笑) 家族に食べてもらう練習か、夕べからガッテン流で角煮を煮ている。都内の仕事の準備もたまっちち。画像は日本郵船の伊予丸。1897年進水、シアトル航路。日露戦争で陸軍輸送船。氷川丸の誕生で引退。戦前。解体されている・・。無事で。  

 

2018/6/24. Sun. 曇り
 講談社前の医薬品会社が360周年(万治元年6月17日創業)を迎えて、お祝いの胡蝶蘭が相次いでいるそう。隣家のよしみで、山本さんに育ててくれる人はいないかの雑談があって、お話が来た・・。ちょうど、義兄から「いらない」と言われたお茶の板看板が来ていて、記念撮影。板看板は虫食いがあるけれど、360年に較べれば、どうみても古いものにはとても見えない。義兄の実家は茶問屋。ご飯を食べるのは「速く」の生い立ち、茶の繁忙期の習慣。晩御飯は1日の疲れをとって家族で談話、少し違う家庭環境かも。板看板は、箕面の楽器専門の道具屋から5月に送ってもらったもの。少し元気になるか・・とインテリアにすすめてみたけれど、「いらない」。隠居部屋に置くことに・・・。  

 目白台にあった東大病院分院の前身は、永楽病院。永楽病院は、明治30年代呉服橋永楽町(現東京駅)にあったのが、鉄道駅の建設で移転、移転先は神田和泉町に決めていたのが、話があって三井家に譲り、代わりに目白台の土地をもらったそう『薬学雑誌』(明治40年12月号)。その後、小石川療養所跡にあった東大病院(泉鏡花『外科室』舞台か・・)がここと合流、永楽病院の名は役目を終えて消えたよう。講談社前の医薬品会社は、元神田にあって、今の地に移ったとか・・。三井記念病院のある神田和泉町は、市村座(跡二長町)の向かい。いい一日になるといい。  

 

2018/6/22. Fri. 晴れ
 太陽と地球の軸が・・。けさの東京の空。建物はTOPPAN印刷ほか。晴れて清々しい、爽やかだこと。さて・・朝日が美しい、月が美しい、海山の景色が美しい、姿が美しい、心が美しい、行為が美しい。どういうことでしょう。醜さでさえあるがままの「美しい」を模倣する。美しいものに目を見張り、感動する。模倣を嘘とは思わないし、無意識の偽善も「善」なら、それも真でしょう? 「美しい」・・美しいと思うあなた(ワタシ)が美しい、と言うに似ているオノロケである。「美」も「愛」も模倣する。さて、「結婚」によって保証された「愛」の別名は「信用」・・・。「信用」は1日にしてならず。「結婚」を「帝国」、「愛」を「平和」に置き換えてナポレオン三世の「パリ改造」の考えを援用すると・・そうなる。結婚、奇蹟。不信は努力によっていつか信に変わるか、不信の山を積み上げていくだけである。結婚は、何パーセントかの信があれば良しとせねばなるまい・・。その相手に出会えるかが大事。出あったが大事。平和な1日になりますように。大切に。  

 実家に見舞い。朝のラッシュを少し避けて、部屋に風を入れている。洗濯物はお風呂場にいれて出かけよう。母と義兄は相変わらず刺身党・・。  

 

2018/6/21. Thu. 曇り
 今日夏至。めまい、運動不足も原因かもと、雑司が谷散歩。鬼子母神堂まで。鎌倉時代に日蓮宗になったお寺。江戸時代、参道は茶店や料亭で賑わって、護国寺にお参りに来た千代田城の奥女中さんたちが参詣。今は、今も・・ざくろの花が咲いて、本堂の梁は鬼が支えている。住んでいる部屋からゆっくり歩いて往復1時間でもどる。三丁目坂を桂林寺に入ったところにあった「雲台館」(跡)に寄ってみた。宮澤賢治はこの旅館に2ヶ月ほど滞在、永楽病院に入院する妹トシの看病にあたったそう。  

 講談社前の医療会社が360周年記念の行事を行って、胡蝶蘭が並んでいる。360年って・・元は神田にあったそう。面白そうでも、よくわからない歴史。薬剤と病院はつきもの。小石川療養所には少し遠い。本郷にも少し遠い。永楽病院と三井記念病院との関わりありそう・・、やがて東大附属病院分院として目白台に。胃カメラを開発した病院。講談社前、お正月は背広姿のサラリーマンの姿が続く。週末実家。外科に付き添いたい。  

 

2018/6/18. Mon. 雨
 隠居部屋のお風呂場、換気扇修理、山本さんにお願いする。水回りは滅多に使うことがないかな。気のせいか匂いが気になってきたか。昨日頼んで、きょうはもう直り。はや。朝、大阪地震のニュース。昨日からめまいの中、終日歌舞伎座。どれも明るいお話ではなく・・。夜半マロニエ通り、橡の木下小雨の辻占で気分転換。実家に帰りすぎはよくないか・・親孝行になるよい、健康にもよい(どして・・)。将来の経済的心配・・食べるのには困らない。収入源は複数(ふへぇ〜この期に及んで)。死ぬまで研究どう・・できる、急がないで続ける・・嘘でもいいやな、励ましに・・ありがとう少し元気になりました。ひじきの煮物で珍しく晩酌。菊水辛口。器だけ江戸時代。もう寝てしまいましょう。素敵で。  

 

2018/6/17. Sun. 曇り
 ラジオで目が覚めて、ホセ川島さんの声、そ〜だったん、あの川島さんのご長男なん・・・。私はキーコーヒーを愛飲して、少し好みが違って。UCC系は母が好きかな。久能山献上珈琲とか、駅の土産物の棚に置いてある。大坪町の店は、ついこの間、石田の帰りに。  

 

2018/6/16. Sat. 曇り
 16、何となく好きな数字かな。バッハのソナタ、素敵だこと・・。今日は朝から実家、日帰り。新幹線はこだまを使って、読書。世紀末のパリのパノラマ。無事で。  

 

2018/6/14. Thu. 曇り
 なんの病、病い膏に入った・か・・。思い立って近隣の銭湯。460円。スポーツジムに行くのが正しい。そこでもお風呂入るんですから。来年の都内、依頼あり・・どうしょ・・。日本橋まで歩いて2時間かからない・・たぶん。  

 

2018/6/12. Tue. 晴れ
 日曜日から、実家。明日の都内のためにいまさっき、戻って。朝顔はツルを伸ばし始めている。実家では、母が転んだところに手すりをつける工事の見積もり、石田のフェンスの見積もり。2箇所とも、何とか上出来に収拾するといい。玄関周りの掃除、花がら摘みとか、植え替え、水遣りで1時間かかる。ここを自費でヘルパーさんにお願いすると、1時間で2,400円。週1回で1ヶ月、だいたい1万円。・・母、あんたが来れば・・、え〜っ。新幹線使って、無料でぇ。花のためなら通いそうで、言葉に詰まる。・・・夏は、朝晩水遣りせねば。何だか父と同じような道を辿っているんじゃ・・。学問の道、遙じゃん。これは、困ったね。  

 母の付き添いで血液内科に通っているS病院で、従姉妹のカズミちゃんとばったり。母に声をかけてくれて。10何年振りかで再会。何と3月に心臓の手術をしたそう。びっくり。すっかり元気そう、よかった。  

 

2018/6/8. Fri. 晴れ
 住んでいるところ、古くからの三丁目坂を目白台に上がっていった辺りは以前は東大の付属病院の敷地(心霊スポットのウワサ)。前身は宮沢賢治が妹さんの看病に通った永楽病院。江戸時代は大名屋敷だったか。地下鉄の駅を地上に出て、この坂の入り口にあった花屋の大店は生け花の花とお見舞い用の花を扱って、いつも新鮮な花をおいていたかな・・。音大の寮、教会、お寺、ホテルも近隣に。繁盛していたようですが病院が移転して何年か経った・・10年くらい前、店を閉めました。それから、そこにお勤めだった女性が少し離れたところでお店を出して、頑張っておられたのが、あっと驚き・・6月2日、ここも閉店する(した)とのことです。いろいろセール中。生け花を習う人も別の形に変わって。ほの暗い床の間に葉蘭の生花(池坊)が活けてあるのにしびれちゃったのは子供の頃・・。なんか悲しい・・寂しくなる。花の思い出いっぱい。ありがとう。切り花は、いつもよく百合かカーネーション、苗は季節のいろいろ・・。ありがとう。  

 

2018/6/5. Tue. 晴れ
 夏のような一日。東からの太陽で、午前中は勉強部屋が暑い。正午を過ぎると、風が通って涼しい。夜、今日は東と南のベランダを開けて、風を入れている。涼しい。なんとなく海の香りがするように思う。いつか、セミが入って音にびっくり。虫はまだ少ない。音もない。天国。石田のフェンスの見積もり届く。そう遠くないうちに建て替えを考えずばなるまい・・。地元の不動産屋さんと工務店に相談してみたいかな。  

 

2018/6/2. Sat. 晴れ
 昨日実家。母が転んでおでこをぶつけた所に、手すりをつけてもらおうと・・業者の方がケアマネージャーさんと見積もりに来てくれる。小さな階段だけのつもりが、ツクバイあたりにも動線であったほうがいいという話。大丈夫か・・。雑草制御砂利を通販サイトで注文。お刺身はまだあるというので、買い物は重いものやヨーグルトなんか。東京駅で古い学友と待ち合わせ。丸の内を歩いて北の丸公園。光の演出に、拍手。ああでもせねば、飛び立った雲雀、やすやすと降りては来まい・・。またとないもの拝見。拍手。ほんとに潔のよい方だった。大切に。画像は南側ベランダ、取り替えた睡蓮鉢。これまでは、ボウフラを気にして銅製のもの。銅、やっぱり植物の生育にも悪いか。葉が枯れてしまうので信楽焼。梅雨入り前の空を映して、いい気持ち。  

 

2018/5/30. Wed. 曇り
 数日、偏頭痛に悩まされて・・原因わからない。閃輝暗点は30代半ばから。そういえば、10年に1度くらい起きるような。今回は、ロキソニンで凌いでみている。気持ちが晴れないのでCT触媒のフェイクグリーン。空気を清浄化して消臭効果もあるそう。効果は造花の寿命より長い・・・、この造花、10年は持つんじゃないかしらん。  

 

2018/5/26. Sat. 曇り
 母の外科の通院で実家。顔面の傷は一段落。先生に感謝。今日は月一度のいつもの膝と腰の治療、薬の処方。別の悩みは外科ではなく便秘・・昨日のイチジクが今日になって効いてきたといって、ずいぶんなトリコミ。たいへん気の毒。下痢止めを飲む妙な成り行き。母と義兄がお刺身毎日食べる。ご近所に魚屋さんが無くなって、お刺身だけ毎日届けてくれるお店やサービスはない。帰るたびに駅ビルの魚屋さんでまとめ買い。冷凍で持たせて・・鯖の粕漬は甥たちの好物・・。ぬか漬け楽しんでいるよう。届け物のお弁当は1ヶ月で挫折。大切に。  

 

2018/5/25. Fri. 晴れ
 天気予報は暑い1日になるといっていても、今はまだ冷んやりした朝。檸檬の実がだいぶついて・・。目線のマンションの部屋は、物件情報によると、11階180平米、2年契約月額45万で賃貸に出ている。以前はあの部屋の西ベランダにカラスが集まって餌をもらって、こちらの部屋の手すりにもよく止まりに来た・・。契約の切れ目、何かの節目になる。下の隠居部屋は、木版を広げたまま。4年の契約は多分延長。石田は連絡がない。少し気になる。所得税と区民税の通知も来ない。まあ・・なるように・・。昨日は、アイロンかけながら大相撲観戦。栃の心が勝って座布団舞っていた・・。アイロン・・洗ったまましまっておいたブラウスなど20枚くらい。3枚で飽きて(力尽きて?)しまって、別の片付けや「散らかし」を繰り返している。今日はシーツ、洗濯機が回っている。  

 

2018/5/22. Tue. 晴れ
 谷崎潤一郎『吉野葛』の後半、雑誌掲載時は「くらがり峠」、間もなく発行された単行本では「国栖」に変わっている。先だっての歌舞伎座仁左衛門さんで「立場の佐平次」は、このくらがり峠が舞台だった。連続する殺人事件、悪の華の異名。奈良と大阪を結ぶ急峻な道にある峠。国道。主人公の友人の津村の母がこの道を通って大阪の花街に出ていく。先週、吉野町の宮滝で奈良時代、聖武天皇が利用した建造物の遺跡が確認された。石敷きの前に、東西10本、南北6本の柱を持つ構造物。くらがり峠、山科の大石内蔵助、滑り石街道より難しい。生駒からバスが利用できるよう。  

 先だっての実家、母の手伝いでタンスの上の片付け。北海道のお菓子の缶「北の思い出」も出て来て、古い写真が詰まっていた。30代までの私の写真もあって、こんなに痩せていた。脚も細いと、楽しそうに話す。・・・考えようで、谷崎や岡本かの子の研究なら、たっぷりしていたほうがよくないかしらん。芥川龍之介、白蓮の研究じゃ・・どう。画像は、観察中のベランダ菜園。いつか、食べられるのかしらん。熊本ではなく広島の苗。アンデスからイタリア、そしてアメリカへ。日本にやって来たのは江戸時代。「唐柿(とうし)」「赤茄子」・・。  

 

2018/5/21. Mon. 晴れ
 自室の部屋の網戸、戸車を止めてあるプラスネジのネジ山が潰れてしまった。「ナメた」と言うそう。気力のあるときに太めの輪ゴムで試してみよう。いろいろ失敗が続く。ベランダのミニトマト栽培、脇芽を取るのが大切と言う・・。2本立てにしたい場合は、この脇芽を生かすそう。摘んじゃった・・。実家では、買い物、かたずけ、掃除、調理の手伝いでほとんで動きっぱなし。ご飯の時、うっかり「こんなに動いているのに体重が落ちなくて」と呟くと、義兄が「食べなければ体重落ちる」と言う、「食べていて痩せたいと思わないことだ」と高圧的(?)に言う。「俺なんか一週間で4キロ落ちたよ」・・驚愕・・。食事を作っている92歳の母はどう思ったろう・・。それで、母がせっかくこしらえたものを、食べたり食べなかったりするんだね〜。体重多くても私は健康体。ダイエットしても義兄は不健康体でイライラしてるじゃ、あ〜りませんか・・。母の通院、車を出してくれてありがたいけど、タクシー使うようにが私への(車好きの)父の遺言の一つ。  

 子に残すお金、ひとりに現金で2,000万、二人なら・・。老後の資金に年金を除いて夫婦で最低5,000万、最低9,000万は欲しい。できれば不動産も子に一つずつ。大きすぎる不動産には税金対策が必要じゃから要注意。不動産三つで、土地だけで9,000万。それでも贅沢とは言えない。これは子に才覚なく、親の努力がある場合。子に才覚があれば、子は親自身のために、親が残す分の半分使うよう言う。そしたら、老後資金は夫婦で、現金合わせ7,000万。施設入る余裕かも。親は、子に才覚をつけることが第一の仕事でしょか。学歴はわかりやすい。同時に幸福な生き方を考えていくのがいい。本人に才覚なく、子もいない場合、「矢切の・・」じゃなかった「ひとり〜のワタシ〜♪」・・じゃ、どれだけあれば。「ばっかな、タワシ〜♪」。  

 

2018/5/18. Fri. 晴れ
 きょうから週末、また実家。石田・・草取りと掃除の予定、いそいそ。母の目の上の怪我の治りは順調。あんなに血が流れて、縫合して、腫れて、青たんになっても痛くないそう・・。ご先祖さまが、何か知らせたいんじゃないかと、ふと思ってしまう。16日17日と文楽公演。画像は裁判所裏、平河町路地の桑の木。少しだけ実も色づいている。昨日、西○秀樹さんの訃報。  

 

2018/5/12. Sat. 晴れ
 我孫子や千歳烏山のコーヒーに比べると味が雑でいけないよ。インスタントの方がいい。豆で50%以上が決まり、焙煎で40%、立て方は残り。二度目は美味しく・・ぜひ、お店を訪ねてみましょう。安倍川餅は、ここのがいい。静岡土産。そうそう、浜松の駅ビルでうなぎの佃煮を見つけて。母が喜んじゃって。また今度。美味しい味を確かめたいか、このところデパ地下の老舗で煮物を買ってきてという。煮魚、べらぼうな値段。昨日は、金曜日限定の牛すじの煮物を買い込んだ。  

 

2018/5/10. Thu. 曇り
 母が舐めるようにして掃除している一階のお手洗いの匂いに、最近悩んでいる。「竹酢液」を噴霧したらどうかしら・・そうそう、クエン酸をまだ試していなかった。画像は甲冑の馬。実用ではなかったよう。端午の節句だったので・・。多分、何年か前の靖国企画展の展示。今日明日、実家。母の怪我の様子見に行かずば・・。元気で明るい何より。  

 

2018/5/7. Mon. 晴れ
 網戸が風圧で外れる。戸車を固定する金属は、強度があって硬いけれど、幾分柔らかめにできている。その金属が反り返り気味。戸車そのもに摩滅はない。「山崎閑居」(『仮名手本忠臣蔵』)、竹のしなりを利用した、雨戸外しの場面を思い出したりしている。部品を取り外して、ハンズにそれを見てもらいに行く。サッシ建具のメーカーがわからないと正確に言えない。調べて、もう一度来て欲しいという。帰って聞いてみると山本さんでもわからないそう。「会社も部品ももうない」。じゃ、どうしたら、話にならない。会社名はタテ山ということは話の中からわかる。それを聞きたかたん・・。私の言い方に、問題があるのか・・コミュニケーションに壁がある。

  母から電話、庭の通路の小さな階段でつまづいて、目の上を切ったそう。前から危ないと思っていたところ。甥と外科に行ったそう。今日、様子見にもう一度外科。通院に付き添いたい。  

 

2018/5/4. Fri. 晴れ
 実家にしばらく。母の使いで用宗とか、増田屋の焼き豚とか。お刺身の買い出しとか。浜松は楽しかった、けど、発言や行為を強要されたら幻滅・・「やっぱり」かとも。多分、繊細な方で、針のことが棒になるんかも。それほどのことでないと、思うけども・・何か見えないところでの感情の蓄積が攻撃に向かってしまう。人前に立つ人がするべきことではないと普通は思う・・そういう道もある、ゲージツ・・見知らぬ世界、最善を尽くすのがいい。大切に。  

 

2018/4/28. Sat. 晴れ
 きのうは、古い学友と横山大観展。珍しく男性客が多い。漱石が賞賛した『瀟湘八景』のほか、『長瀞絵巻』『生々流転』『彗星』ほか、生誕150年記念の大展示。時間があったので常設展をゆっくり・・・ココシュカが描いた、アルマ・マーラーの展示あり。マーラー、フロイト、そして戦争の20世紀。画像は、おとといから咲き始めた檸檬の花。  

 

2018/4/26. Thu. 晴れ
 盆栽の藤の花がおしまい。去年は春日大社で藤見を満喫。今年は、ペトルさん推薦の足利フラワーパークに行ってみようかしら。藤・・?・・。好きか嫌いかって、家紋なので困る・・好きも嫌いもあり。美しく濃厚な香り、花びらが散るので管理が難しい、小さくても老母に任せるわけにいかない。もう何年も前、30年40年も前、母と伯母たちと藤枝蓮華寺、母と熊野御前が植えたという藤を見に行った思い出がある。桜海老の季節、かき揚げ、マンゴー先輩に由比を薦めたけれど、用宗の親戚の惣菜屋さんのがいいそう。私とは従姉妹になる、と思う。マンゴー先輩に伝えた方がいいかしらん・・。このところ青磁の質を知りたくてで朝ごはんやお茶に楽しんで・・季節ぴったり。古い学友が宋磁の展示に行きましょうと言ってくれている。前半は実家、時間を見つけて障子貼り。後半は、のんびり。そうそう、都内の仕事は軌道に。一週間に一度午前だけ、大名仕事じゃね。・・大切に。  

 

2018/4/24. Tue. 曇り
 日曜日、マンゴー先輩と歌舞伎座昼の部。相変わらずの良席で、お食事付。季節の献立で、三種の肉と三種の魚に貝とエビ2種。卵焼きはちらしご飯に・・。先だって連れて行ってもらった、セララバアド(「学者アラムハラドの見た着物」)のなんじゃこれ、の、お料理の話・・。お芝居は「西郷と勝」。真山青果『江戸城総攻』三部作から。江戸薩摩屋敷の場はあまり見ないように。松緑さんのナンバ気味の歩き方に見とれたでごわす。真山青果のはセリフ覚えるの、きっと大変・・。「裏表先代萩」は、音羽屋さんの引っ込みをたっぷり。花道を歩く妖気十分。渡邊外記と仁木弾正の死闘は、明治時代から漱石が酷評した場。文明堂のカフェ前「刺された爺さん元気だったなぁ」・・場外雀の生の声・・お兄さんの番外掛け声に盛大拍手。中村東蔵さん・・2016年7月『柳影澤蛍火』の桂昌院役・・占いもする美僧御持院隆光(四代市川猿之助さん)と柳澤弥太郎(市川海老蔵さん)を溺愛した話・・なんだか楽しかった・・若く美しく、芸も人気も当代一、妙齢のお二人が、東蔵さん演じる桂昌院を翻弄し・・ほとんどドリ○ターズ・・。舞台で笑いこらえるの大変じゃなかったかと・・。

 画像は、交通会館前の日曜市の朝採り筍茹でたのの残り。ちとから(千歳烏山?)ブレンドのコーヒー、二つとも美味しいこと。朝採筍を茹でる時、ぬかを使わなくてもいい、ご店主の「汚れるだけ」のご意見に大賛成。きのうは、母の膝の診察で実家日帰り。仏壇の部屋の押入れの整理。花は、カーネーションを植えてみた。・・やっぱり帰りすぎ。30代、40代、50代、帰らなさすぎ・・。  

 

2018/4/22. Sun. 晴れ
 外科の主治医の先生と、母の膝の話。関節の潤滑油を作る滑膜が摩滅して、水もたまらなくなっているそう。痛み止めの注射を打ってくださる。気になっていた右膝のしこりは「ガングリオン」っていうんだって。玄関前は、江戸紫のミヤコワスレが綺麗だったので、三つほど植えてみた。昔母が植えてみたのより背丈があって「この花はひっそり咲く方が・・」と、不満そう。三ケ日のみかん(青島か・・)いただいたのが30個くらいあって、義兄がほったらかしたままにしている。いけないよ! 確かに硬めのミカンで剥きにくい。母と、オレンジジュースを作ってみた。美味しい。あと半分、気力尽きて・・。冷蔵庫に。駅ビルで、コンピューター手相占いのコーナーの催し。愛情運のところ、家族からの信頼絶大、裏切られた時の怒りはひとしお、とある・・。浮気、不倫は絶対許さず、生き方そのものを考え直すと・・ふ〜む。それじゃ・・独身で男性に貢献しているかも。男女を問わず、不倫も浮気も好きじゃない。金運なかなかいい・・金銭感覚に優れるって、これはちょっと待って・・。もしかして、眠っている才覚かもしれない。そういえば、大阪でお金の中から生まれたような運だと言われたことがあった・・ま、困ったとき、う〜ん、というとどこからかお金が出てくる不思議・・。それなら「冷静・努力の人」と言って欲しい(笑)。精神的な活動旺盛、まあ・・。なかなかいい。東京の方は、バジルとパクチーが育っている。成るか・・我が菜園。  

 

2018/4/20. Fri. 晴れ
 昨日、神楽坂散歩。矢来の志ん朝師匠の家。師匠らしいか。なめくじ長屋に住んだ志ん生師匠とはだいぶ違うけれど、心と気持ちは似ている。生活の清潔感、話芸の質とか安定感みたいなんだけど・・。今はお二人とも、文京区小日向の寺に。週末、実家。学問進まない。ナメクジじゃなくて、忸怩。  

 

2018/4/17. Mon. 曇り
 歌舞伎座夜の部、片岡仁左衛門さんで『絵本合法衢』。大阪と吉野を結ぶ「くらがり峠」も殺人の舞台(殺しの場いっぱい)、凄惨。谷崎、近い。惡の華なんて思わない。いいとも思わない。でも・・時々残酷なことを考えることがあって・・例えば・・? 目の中に砂を入れちゃうとか、いろいろ。人間はそんなことができる、想像する、忘れてはいけない。7月に大阪でも公演があるよう。東京でもう一度見たいか。夫婦、男女の倫理、壊れていない、そこが、いい。昼の部はマンゴー先輩と日曜日。『西郷と勝』『裏表伽羅先代萩』、楽しみ。消防点検の日、順番を持っている。この建物は、一年に2度ある。さっきゴミ捨て、朝のエレベーターはいろいろな匂い。一つはタバコ、もう一つはお酒だと思う。嫌なんですけど・・。  

 

2018/4/15. Sun. 風雨
 雨の朝、バッハのコンチェルト2番、イカしてる。嬉しい。午後からお天気が持ち直して、これくらいだったら実家に行ってもよかった・・。このごろ、金子兜太先生に倣って、朝はトマトとオクラを食べている。夏野菜作ってみようか・・。午後、また進まなくなっているHPに手を入れてみた。だいぶいい気になっている。恥ずかしい・・。みている人いないけども・さ・・。  

 

2018/4/14. Sat. 曇り
 学生の頃親しんだ「鐡仙会」は金曜日。なかなか忙しくて、チケットも流れたことが多かったように。4月からまた会員。昨夜は「藤戸」「国栖」。二番とも位の高い男性と、漁をして暮らす人のお話。弔い、またはモテナシの管絃講(かげんこう)で鬼神が現れる。「藤戸」は源平合戦当時は「児島」、今は倉敷市で瀬戸大橋に向かう途中にある。毎年近くを通っているのに、なかなか見学できない。シテ(漁師の母と漁師)は片山九郎右衛門さん。「国栖」は、大友皇子に追われて一時吉野に逃れた天武天皇(浄御原)とそれをかくまって保護する「国栖」の老夫婦の話。天女と蔵王権現が舞台に。シテ(漁翁と蔵王権現)は馬野正基さん。狂言の「花盗人」野村万作さん。
 画像は、久留米水天宮の狛犬と「紅獅子(こうじし)」。水天宮の紋は椿。狛犬、尾が体に巻きつく型、なかなか見つけられない。静岡市だけかしらん。  

 

2018/4/12. Thu. 晴れ
 先週末、小さな旅行。四月六日、城の日。一日日は、備中高梁、岡山から伯備線で1時間ほど。日本一高いところにある山城を見学。明治政府の「廃城令」(明治6年1月)のとき、天守閣は、取り壊しが大変なので、こっそり残したのだそうです。戦がないときは数名の足軽たちで管理。引き戸の錠が面白い。普段の政治・行政は、山の下、今は高校になっている御殿で。その辺りが武家屋敷。若い時の小堀遠州が造った庭などに感心しました。川のそばの新島襄が建てた教会、元小学校の校舎などを散策。どれも素敵。旧暦でひな祭り、土日を利用して、普段、品物が並んでいるお肉屋さん、魚屋さんの冷蔵棚の上にお雛様が並んでいた。
 二日目は、30周年を迎える瀬戸大橋から金丸座。前の日に山城に登った疲れが出たか、強風と寒さもあって午後の部途中退席。温泉ゆっくり。
 三日目久留米。坂本繁二郎旧宅、水天宮、筑後川沿いを歩いて、梅林寺、有馬城趾、沖食堂、高橋家長屋門、市役所などを散策、素敵。どこも、久留米ツツジが美しい。ブリヂストンは、余裕なくまた次の機会。  

 

2018/4/5. Thu. 曇り
 コクリコ坂の若葉の空に雲がかかって、昨日の夏日を思えば、清々しい朝。清明。相変わらず不眠に悩むけれど、まずまず。15年馴染んだ「つくばい」、きのう無事引き取られて行った。退職後は、茶の湯を楽しむつもりだったけれど、茶飲友だちと半分縁が切れかかっている。茶の湯、先生をなくして以来、情熱の火を掻き立て続ける道が見つからない。素敵な茶人にも会えない。感情は、母と姉に向かって、経済も・・余裕は帰省の交通費に向かっている。毎週、10日に一度、「けじめがつかなくなる」といけないので、泊まるときは、市内のホテルをとる。茶の湯は、庭と茶室がなくとも楽しめるか・・。料理の腕が上がらない。懐石も難しく考えることはない。明日から、岡山、琴平、北九州、実家。母の血液内科の通院に付き添いたい。11日は、都内初仕事。春が始まる。大切に。  

 

2018/4/4. Wed. 薄曇り
 実家・・ピンクと赤のバラを植えてみた。実家に似合わないと思い込んでいても、名もなき四季咲きが、しっくり。私が花に話しかけるので、母が「おだくって咲いちゃうんだ」、という。甥のレモンが葉芽を出している。楽しみだこと。狭いところに、天敵の猫が入らないガーデンバリアを2つも置いている。我孫子から買ってきたコーヒーが美味しい。色々な飲み方があると思うけど、ミルクたっぷり大好き。焙煎オタクに申し訳ない・・。「風」「空」「大地」があって、気がついたら早々と「風」が台所から消えている。今日つくばいを引き取りに来てくれる。かたずけないと・・。8時まで読書。テレビの映りが悪くて体操にストレスあるの困る。  

 

2018/4/3. Tue. 薄曇り
 ○紀子さんから電話、久しぶり。水曜日、吉祥寺とのこと、なんだか会えそうな予感。わくわく。山吹町のお菓子屋さんで、宝石みたいなマカロン。誕生日なので・・。ウッキー。きっといい一年にしたいものよのぉ。今日実家、日帰り。まずは、読書・・。魚の世界史が読みかけ。「さよなら怪傑黒頭巾」中村○子さんの夫君の小説があった。読み直したいか。母が光進丸の話をしている。もう一度つくりあげるのは無理でも、海がなくては命もない。こぎれいな漁船でいいじゃん・・海なら、なんでも似合うんですから。歌って・・。  

 

2018/4/1. Sun. 薄曇り
 きのう、南側のベランダに石とタイルを置いてみた。積み上げてあったので、何かの輪ジミができている。磨いたほうがよいでしょか。つくばいは、まだそのまま。引き取ってくれるかしら。今日は一日中自宅。お花見弁当でもこしらえて一人で楽しむ。体重は400グラム落ちて。昨日午前中の六義園散歩が効いたか。三百人劇場の跡などを確かめながら帰宅。キャピタルコーヒーでゲイシャ。今日も歩かなくてはいけない・・かな・・ま、風まかせ、退職の醍醐味といえば、そう・・。表米神社のことなどを思い出している。今日から四月、誕生月。四緑木星、植物から元気をもらう星かも。よかった、よかった。  

 

2018/3/31. Sat. 薄曇り
 昨日、我孫子。杉村楚人冠、滝井孝作、志賀直哉旧邸跡、村川堅固別荘跡、柳宗悦邸、嘉納治五郎別荘跡を散策。嬉しや、志賀直哉邸跡でウグイスの初啼き。付いてくれている神様は、やっぱり志賀直哉先生かしら。戦前まで、手賀沼はもっと大きかった・・。「十一月三日午後の事」(1918年11月3日の散歩、発表は1919年1月)、いいね。もともとは、駿府のキリシタン処刑の記録を残す『ジョン・セールス日本航海記』(1614年)の翻訳者村川堅固さんの別荘を見たかった散歩で・・。画像は、たぶん学生と一緒に過ごした部屋、ガラス窓越しに手賀沼が見えたと思う。幸せな先生と学生たちです。白樺文学館音楽室では柳宗悦さんの妻柳兼子さんのアルトの歌曲を拝聴。CDもありました。柳宗悦邸のみ現在もお住まい。コーヒーの美味しいカフェ、エムズカンパニーは時間切れ、また今度があるか。駅の近くのプラザでお土産。あんなに歩いて・・といっても17,000歩、体重が増えたのはワンタン麺のせい・・。悲しい。  

 

2018/3/30. Fri. 少し曇り
 明け方、強風。障子がぴりぴりいって、張り替えたいけれど、頼むのがいいか、自分でやってみるか・・。できていないことが多く、うんうん言っている。睡眠も足りない。去年秋、来客があるというので、急いで用意したポットマムとワイヤープランツに、小さなツツジを加えて寄せ植えにしてみた。夏場が心配・・枯れませんように。画像は、西原牡丹屋敷の椿、先だって雪の日に出かけて、晩年のコンドル設計の館を見学した時の美しい椿。六義園の方の入園チケットが残っている・・。人気でなかなか・・明日朝なら、と思う。牡丹屋敷はバラの季節にぜひ。お大切に。  

 

2018/3/29. Thu. 晴れ
 目白台散歩・・窪田○穂終焉の家、西洋史の泰斗の家など。画像は、○穂の家の楡、棕櫚、桃か。体重は10グラムしか落ちない。やるせなき脂肪・・。洗濯は花粉を避けて部屋干しばかり。雑用山ほど・・お花見・・北の鎌倉、我孫子見送り。  

 

2018/3/28. Wed. 晴れ
 故郷の古い学友から黄水仙を戴いて、ベランダに置いてみた。我孫子に出ようか出まいか迷っている。今日でなくてもいいかしらん。我孫子・・志賀直哉旧宅、村川堅○氏の別荘など、見ておきたい。朝方、最初の授業の教室がわからない、準備もしていない様子、エレベーターを乗り換える、悪夢。腰が痛い、体重は過去最高になっちた・・大丈夫、かしら・・。もう一つ、散髪の夢。  

 

2018/3/23. Fri. 曇り
 昨日、古谷先生。駅ビルに入ったスーパーで果物用のリキュール少し。切り分けた果物に振りかけ、冷やして食べると素敵に。アマレットは、恋仲となった画家のために人妻が造ったと言われるイタリアのお酒、材料は杏の種。コアントローはフランスのお酒。塩で味わうマルゲリータもこのお酒から。レモンチェッロは、チェロかヴァイオリンの容器に入ったものがあったので・・イタリアのお酒。我が家の「レモチェッロ」は1978年の仕込み、一升瓶に入っている。捨てようかと思って、いちおう味見、思いとどまった・・。そういえば、咳に効くというのでこしらえて・・、杏の種のお酒も台所に。そろそろ、学問せねば・・。大切に。  

 

2018/3/21. Wed. 曇り
 おとといのウニトマトクリームチーズが身体にこたえたか、春の睡魔。昨日知人来宅。私の元職場の、あの同僚とおつきあいしているらしい。中高年の恋。おのろけでなくてもおのろけになる(笑)。のろけたくて、いいんにゃ、確かめたくて、私と付き合うん・・なら、困ったね・・。横須賀にご一緒したけれど、ご自分が誘った演芸場のことしか覚えておられない(笑)。私はがっかりして「ご一緒しましたね」とも言わない。今年はお誘いするのやめておく。
 安倍川餅は安倍川の東岸に旅人相手に出していたよう。江戸時代、西から丸子宿をへて安倍川を渡って駿府府中に入る。橋はなかったので、川渡りは人足の手を借りた。東岸あたりは、関所になっていて、キリシタンの処刑、晒しも行われた場所。ニ長町という江戸吉原の原型もこの近隣にあった。安倍川東岸の安倍川餅は、皿に盛られて出てくる。よく知られたきな粉のものと、辛味餅といってわさび醤油で食べるものがある。どうということはないけれど、つき立てのお餅が美味しい。駅で売られていてよく知られた安倍川餅は、クラスメイトの家のもので、小学校の時の運動会の父兄持ち寄りのご馳走。とっても美味しくて、嬉しかった。最近のは、少し困るかな。1月に三保松原で食べた安倍川餅がそれに近いと思う。『天災から日本史を・・』の著者が三保にも津波が襲ったと調べておられる。赤尾三千子さんの義経の笛を聴きながら、お彼岸。大切に。  

 

2018/3/19. Mon. 曇り
 昨日、彼岸の入りで墓参り。掃除、挨拶済ませて、帰りの道々、新川街道沿いに木蓮の古木。マグノリア系。お見事だこと。レモンは、嬉しい新芽の兆候。植え替えはも少し早めが良かったかも。ゆずは水をたくさん欲しがって、楽しみじゃね。花屋さんに紫陽花が出ていたので、早速。「歌合わせ」という八重咲きのがくあじさい。
 都内の仕事もう嫌だ、と母に言ったら、「内職すると思って勤めたら」という。へえー。話が続く・・隣のマンションのかた、どうかすると、夜遅くまで明かりが窓から漏れているそう。何やっているんか、聞いて見たのだそう。お答えは「内職」・・やれやれ。少し軽めの掃除ロボットが届いていた。早速、くるくる。まずまず大丈夫か・・。心配だこと。一年でも使えたらうれしい。
  午後買い物。近所の新しいカフェ、暇そー。いままではラーメン屋何軒か。うまくいかなかった。もう一つは地蔵通りの方。ウニトマトクリームパスタ・・お高い。自身の人生について考えてしまう。生まれた時は同じ、だんだん個性が・・。明るく健康、感謝ばかり。  

 

2018/3/17. Sat. 晴れ
 明け方、野○の夢。悪縁が体外へ出たか。金ウンか。話さないのがいい。夕べ悪いもの見たか(笑)・・・お彼岸で実家。帰りすぎでも、できるなら帰るのがよい、家族孝行。甥のレモン、裏階段脇のユズ、どうなっているか・しら。3種寄せ植えにしたラベンダーは、まずまず元気。  

 

2018/3/16. Fri. 曇り
 3月後半。完全無欠、盤石自在なモーツアルト、素晴らしかった。若い人と・・そだね・・。聴けなかったマンゴー先輩、ごめん、ごめん。  

 

2018/3/15. Thu. 晴れ
 昨日、静岡洞慶院で梅見。かなりの古木。開花終焉の美。古代から文献に残る駿河の断片。昨年暮以来、玄関、車置き周りに苗を植えて鉢を増やしている。春で終わる花もあれば、代々続く花も木もある。鉢なので、植物と相談して、時期によってくるくるがいい。父が元気だった頃は盆栽と花で四季があったようにも。申し訳なくも、あたり前でよく覚えていない。枯れたり弱ったりする姿は見せなかった。花を見て涙を流すような男だったかも・・。現実的で割り切りの良い母とは、衝突も多かった、子供から見ると。どんな夫婦だったんか・・。夫婦、恋人関係は外からではわからない。当人たち以外、知っても仕方がない世界。情に篤いところでつながっていたのかも。見習わなければ。アオジの鳴き声を初めて聴く。  

 

2018/3/12. Mon. 晴れ
 春の花粉満載、なんのその・・かゆ・かゆ・・・かゆ・・でも前向に・・。今週「古楽の楽しみ」は、磯田雅さんのバッハ。もう一つ楽しみ・・素敵だこと。15日夕方はマンゴー先輩と。

 明日、母の通院(外科)で実家。花粉を避けて、洗濯物は部屋干し。お腹が苦しい。そんなに食べたかしら・・。晩ごはんは、林檎にしよう。よかった、よかった、無事が何より。  

 

もどる